犬が病気になったら知っておきたいこと|慌てずに対処する為に

快適なペット生活のために

飼い主とペット

何歳からでも

最近はペットブームでペットを飼う方が増加していますが、マンションやアパートで無駄吠えなどの騒音問題も増えているのです。無駄吠えや噛み癖など犬の問題行動はストレスや病気からくる事もあるとされていますが、その多くが犬のしつけがしっかりできていないという飼い主に原因があります。犬のしつけは本来生後数ヶ月から開始し繰り返す事で、1歳になる頃にはある程度問題行動が減り人間と上手く生活する事が出来るようになります。しかし、犬のしつけができていなかったり間違った犬のしつけをしている家庭は、犬が成犬に近づくほど問題行動が大きくなっていきます。大型犬の場合は力が強くなるため、思わぬ事故などで命の危険もあります。小型犬でも噛む力は人間の数倍あるため、問題行動がある場合は犬のしつけ教室などに通って、飼い主と犬がうまく社会生活を送れるよう学ぶ事も大事になります。犬のしつけ教室に通えない場合は自宅で行う事もできますが、犬の習性を知り正しいしつけを行う必要があります。問題行動をするたびに怒鳴ったり、叩いたりする事は逆効果で絶対にしてはいけません。犬の行動には意味があり、例えば無駄吠えは侵入者を知らせるためで、また怖さを感じているなどの意味あります。集合住宅の場合は迷惑になるため、できるだけやめさせる必要があります。また、無駄吠えを行っている時に、大きな音や嫌いな音を鳴らす事で問題行動が少なくなります。しつけは飼い主とのコミュニケーションが一番大事であるため、良い行動をした時は大げさに褒めたりなでたりするようにしましょう。