犬が病気になったら知っておきたいこと|慌てずに対処する為に

もしもの時は

犬

慌てずに対処を

可愛いペットの中でも、犬は昔から馴染み深いペットです。愛くるしい様子や従順な性格を持つ犬を好んで飼っている人はとても多いものです。しかし、ペットは生き物であり、病気も経験します。家族同然の愛犬の突然の病気に、心中穏やかではなくなることもあります。そこで、もしも愛犬を飼育すると決めた時や、すでに飼育をしているひとは犬の病気に関する知識を身に付けておきましょう。特に犬の病気の中でも断トツで多い痙攣は、動物病院に行く前にケアが必要です。嘔吐、痙攣が重なっている場合は犬が喉を詰まらせたり、発作状態で混乱することがあります。そんな時は飼い主の方が慌てないで落ち着いたケアをしましょう。落ち着いたケアを行うことで、愛犬も落ち着きを取り戻すことがあります。混乱している状態のときは、周辺の物を飲み込んでしまうことがあるので、まずは犬を落ち着いた場所に横向きに寝かせてあげましょう。かかりつけの動物病院がある場合は、すぐに電話をして痙攣時間や嘔吐の内容、回数を的確に伝え至急病院に訪れるべきか判断を仰ぎましょう。短い痙攣でも、繰り返し起きている場合は脳や神経系にダメージを受けている場合があります。こういう場合は人間への対処法に似ており、無理に揺らしたり激しく呼びかけずにさすってあげましょう。眼の動きや尿やフンの様子も意思が確認することがあるので、メモにとっておくと安心です。もしもの治療の場合には、あらかじめペット保険に加入しておくと飼い主の方々にも安心でしょう。

飼い主とペット

快適なペット生活のために

犬の問題行動は飼い主が犬のしつけをしていなかったり、間違ったしつけをしている証拠でもあります。問題が大きくなると命の危険もあるため、犬のしつけ教室などに通って改善する必要があります。しっかり褒めるなど犬の習性を知り、正しいコミュニケーションをする事も重要です。

女性とペット

ノミやダニを防ぐ方法

犬を飼えばどんな犬種でも出てくるのが、ノミダニの悩みです。寄生してしまうと痒みが生じ、皮膚炎などにつながることがあります。予防にはシャンプーなどで清潔を守るなどの方法がおすすめです。また、動物病院では予防薬を安全に処方してもらえます。